Simutrans開拓記~現在都市への大発展編~

今回は現在の東京のような最先端の技術を導入したいと思います。

メインメニューへ Simutrans開拓記にもどる 作業用縮小版(PDF)

今回しておきたいこと

ツイート
シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

モノレール導入

志賀にまずはモノレールを導入していきたいと思います。

まずはモノレール軌道を敷きますが、このとき必ず高架式モノレール軌道を使ってください。
(都市の上に設置しないとモノレール軌道がしけないので)
基本的には高架式のみで大丈夫です。

次にバス停、郵便ポストのところの上に軌道を敷きます。この時にも平面な部分が2マスできるようにしてください。
これをしないとモノレールの駅が設置できません。
これをすべてのバス停や駅の上に設置します。
そして平地のバス停と隣接するところにモノレールの駅を設置します。

軌道を1マスひいてモノレール基地を置いてください。
一番安いXTestとXmailを購入してください。
そしたらスケジュールを組みます。
スケジュールで待たせなくても大丈夫です。もし赤字になればバスを減らせばいいので。
そしたら走らせます。


モノレールを走らせた様子です。

早速黒字になりました。XtestやXmailは維持費が大変安いので乗客が数人でも儲かります。

飛行機の導入

ついに飛行機を導入します。まずは平間と志賀飛行機で結んでみようかなと思います。

まず町から少しだけ離れた場所に空港を設置します。
片方には機関庫を設置してください。
旅客機と郵便用飛行機の維持費の安いものを買ってください。

次に、スケジュールを組みます。この時は絶対に「積むまで待機」を100%にしてください。
郵便専用・旅客専用の飛行機しかないため100%になるまで待っていいです。
ただ、片方の空港にたまりすぎる場合は調節してください。
それができたら、スタートボタンを押して飛行機を出発させてください。


飛行機を運営したところの写真です。

今回はこの辺で終わろうと思います。次回はちょっとした小技を紹介しようかと思います。

メインメニューへ Simutrans開拓記にもどる 作業用縮小版(PDF)
ツイート
シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
メインメニューへ Simutrans開拓記にもどる
作業用縮小版(PDF)をダウンロード
サーバーの広告